西区(横浜)

「臨港パーク」はみなとみらい地区最大の緑地で、海を見ながらゆったりできる!

臨港パーク

「臨港パーク」はパシフィコ横浜の海側にある広い公園です。海に面した公園で子供たちが遊ぶ遊具などはありませんが、広い芝生の広場があり毎年5月にはここで横浜開港祭が行われます。
「臨港パーク」へのアクセス、駐車場、広場、おすすめポイントなどを詳しく紹介します。

 

臨港パークとは?

公園の案内図
臨港パークはパシフィコ横浜やインターコンチネンタルホテルの隣にある みなとみらい地区最大の緑地です。その広さは東京ドーム1.7個分もあり、公園は東側が海に面していて、海を眺めながらのんびりすることができます。
横浜港を臨む抜群のロケーションにありながら、イベントがなければそれ程混むこともなく、海を眺めながらゆっくりできるおススメの公園です。

臨港パークへのアクセス


最寄り駅はみなとみらい線の「みなとみらい駅」で、歩いて5分ほどです。桜木町駅からランドマークタワーやランドマークプラザを通って歩いても15分ほどなので、散歩がてら桜木町駅から歩いて行くのがおススメです。
■徒歩(みなとみらい駅から)
みなとみらい線「みなとみらい駅」徒歩約5分
■徒歩(桜木町駅から)
「桜木町駅」から徒歩約15分

臨港パークの駐車場

公園の北側の「ザ・カハラ・ホテル」の奥に「臨港パーク駐車場」があります。
■駐車料金
30分250円。平日のみ最大料金1日1100円
■台数
100台
■時間
8:00~21:00

臨港パークのおすすめ!

公園中央の広場

公園中央の広場
公園の中央にはとても広い広場があります。横浜開港祭ではこの広場で様々なイベントが行われます。

ベイブリッジの眺め

ベイブリッジの眺め
公園からはベイブリッジがよく見えます。

インターコンチホテル

インターコンチ
公園の南側には横浜港を代表するホテルのインターコンチネンタルホテルが見えます。

階段状の岸辺

階段状の岸辺
ここに座ってゆっくり海を眺めることができます。
花火大会の際にはここから花火が良く見えます。

汐入りの池

汐入りの池海とつながっていて、潮の満ち引きによって池の水位が変わります。

シーバスの発着場所「ぷかり桟橋」

ぷかり桟橋
公園の南側にはぷかり桟橋があり、シーバスに乗って横浜駅東口や山下公園に行くことができます。

その他の施設

やしの木

やしの木
椰子の木が並び、この辺りは南国っぽい雰囲気です。

軽食レストラン

軽食レストラン
広場の横には軽食レストランがあり、ピラフやカレーなどの軽食を頂くことができます。
レストランの裏にはトイレがあります。

日韓ワールドカップを記念して寄贈された「フルーツ・ツリー」

フルーツ・ツリー
韓国の方の作品で、日韓共催のワールドカップを記念して横浜市に寄贈されました。

園内にトイレは3か所

トイレ
トイレは公園内に3箇所ありますが、結構広い公園なので、ちょっとトイレには苦労するかもしれません。

臨港パークの基本情報

■住所
横浜市中区みなとみらい1
■駐車場
有料駐車場あり(100台)30分250円
■アクセス
みなとみらい駅から徒歩10分

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA