HOME公園・ログハウス県央北部エリア ⇒ あいかわ公園
あいかわ公園
愛ちゃん号 宮ケ瀬ダム インクライン
住所  愛甲郡愛川町半原5423
電話  046−281−3646 (パークセンター)
時間  4月〜9月 8:30〜18:00
 10月〜3月 8:30〜17:00
休み  無休
料金  無料
駐車場  駐車場あり(約686台) 1日400円 
アクセス  本厚木駅からバス
HP  あいかわ公園のHP
天気  YAHOO! Weather (愛川町)
MAP  Google MapYAHOO地図情報MapFan Web
 『あいかわ公園の案内図』です。県立あいかわ公園は宮ヶ瀬ダムの近くにあるとても広い公園です。
中央広場とパークセンター
 『ロードトレイン愛ちゃん号』は、約3.3キロのコースを30分かけて走り、1時間に1〜2本の間隔で運転されています。片道 大人200円子ども100円です。  「中央広場」と「パークセンター」の様子です。周りを山で囲まれ、自然豊かな公園です。
中央広場
 パークセンターの前にある『中央広場』では、子供達は噴水で水浴びをしていました。  第一駐車場は440台もとめることができ、車で3分くらい行った所には『服部牧場』があります。

 パ ー ク セ ン タ ー 
パークセンター パークセンターの中のキッズコーナー
 『パークセンター』です。南駐車場から園内に入るとすぐ左側にあります。  パークセンターの中には愛川町の紹介や小さな売店、トイレ、キッズコーナーがあります。
パークセンターの売店 あいかわ文庫
 パークセンターの売店では、パンやアイス、愛川の工芸品などを売ってます。  パークセンターの中には『あいかわ文庫』があり、自由に本を読むことができます。
組みひもを作る機械 パークセンターの裏には水遊び
 パークセンターには『組みひも』を作る機械があり、ハンドルをグルグル回すときれいな組みひもができあがります。無料です!  パークセンターの裏には水遊びができるスペースがあり、裸になっている子供もいました。

 子供広場/ふれあい広場 
『子供広場』と『ふれあい広場』
 パークセンターの裏にある『子供広場』と『ふれあい広場』です。とても広い芝生になっています。
ふわふわドーム ふれあい広場
 ふれあい広場には『ふわふわドーム』があり、子供達は楽しそうにジャンプしていました。  毎年4月下旬には、この「子供広場」で『あいかわ公園つつじまつり』が行われます。

 冒 険 の 森 
スロープ
 『冒険の森』です。冒険の森は斜面を利用してつくられています。  冒険の森は駐車場の横のスロープの上って行くと3分程度で到着します。
ローラースライダー
 『ローラースライダー』は一番人気の遊具で、いつも順番待ちの列ができていました。ターザンロープのような遊具ですが、大人が押してあげる必要があります。  『巨大ツリー』です。結構高く、一番上まで登るのは大人でも怖いくらいの高さです。
壁の迷路 壁の迷路
壁の迷路 壁の迷路
 『壁の迷路』は大きな迷路で、子供達はとても楽しそうに遊んできました。
 『ローラーすべり台』もあります。  斜面を利用した『林間アスレチック』もあります。

 花 の 斜 面 & 風 の 丘 
 「つつじまつり」の時期には『花の斜面』にきれいなツツジがたくさん咲いていました。
 『風の丘』です。登るのが大変ですが、とても眺めがよくお弁当を食べるのにとてもよい場所です。  『森のわたり橋』は花の斜面と冒険の森を結ぶつり橋で長さは49メートルあり、歩くと揺れます。

 宮 ヶ 瀬 ダ ム 
宮ヶ瀬ダム
 『宮ヶ瀬ダム』です。高さは156メートルもあり、本当に巨大です!  宮ヶ瀬ダムをバックにした愛ちゃん号です。愛ちゃん号は宮ヶ瀬ダム〜パークセンター〜風の丘を周回します。
観光放流 観光放流
 『観光放流』の様子です。観光放流は毎週水曜と毎月第2日曜日の11時と14時に行われます。放流は約6分間です。
 放流によって綺麗な虹ができていました。
 ダムの上には無料で利用できる「展望塔」があります。宮ヶ瀬ダムは高さ156メートルもあり、展望塔からはとても良い眺めを見ることができます。

 イ ン ク ラ イ ン 
インクライン インクライン
 『インクライン』はダムの下と上を結ぶケーブルカーです。往復で大人300円、子ども150円です。
インクライン 無料のエレベータの案内
 インクラインはものすごい急斜面を上り下りします。  有料のインクラインの他に、無料のエレベータもあります。エレベータの入り口近くはとても涼しくて快適でした。

 遊 覧 船 「みやがせ21」 
 ダムサイトからは遊覧船「みやがせ21」が出ていて、宮ヶ瀬湖畔園地まで(往復 大人800円、子ども400円)や遊覧コース30分1000円などに乗ることができます。

 水 と エ ネ ル ギ ー 館 
 ダムの上には『水とエネルギー館』があり、入館無料で開館時間は4月〜11月が9:00〜17:00、12月〜3月が10:00〜16:00です。  2階は宮ヶ瀬ダムギャラリーで、宮ヶ瀬ダムについてのクイズを解きながら進む迷路やダムを紹介するパネルなどがあります。
 1階にはウォーターミュージアムになっていて、水道ゾーン、電気ゾーン、うきうきコーナー、宮ヶ瀬ライブラリーなどがあります。
 1階にはレストランがあり、「宮ヶ瀬ダムカレー(890円)」を頂くことができます。  レストランの前には観光土産屋もあります。

 工 芸 工 房 村 
 『工芸工房村』は愛川町の伝統工芸である染色、機織り、紙漉き、陶芸、木竹工などを体験できる施設です。  工芸工房村には、「軽飲食コーナー」があり、パスタやピザ、ソフトクリームなどを頂くことができます。
シルクソフトクリーム シルクソフトクリーム
 工芸工房村の飲食コーナーで販売されている『シルクソフトクリーム』(300円)です。
 「工芸工房村」では、陶芸体験(手びねり約30分600円、電動ロクロ90分2500円)、機織り体験(30分800円)、藍染め体験(30分350円)などを行うことができます。
体験カード
 教室の前にはたくさんの作品が展示してありました。  希望の教室の体験カードを取り、受付をします。体験ごとに金額、所要時間などが異なります。
陶芸体験の教室 体験カード
 陶芸体験の教室です。この日は、大人はコーヒーカップ作り(1000円)、子供は手びねり(600円)を体験しました。
コーヒーカップ ソーサーと取って
 コーヒーカップは期間限定のちょっとお得な体験のようです。  まずはソーサーと取っての部分を作成しました。
コーヒーカップ
 次に残りの粘土を使って、ロクロを回しながらコーヒーカップを作りました。完成は約40日後で着払いでの郵送も可能です。  出来上がったコーヒーカップと手びねりのカップです。
 2階には機織り体験の教室があります。一番安いコースは「コースター」で12×10センチで500円で体験ができます。

 愛 川 町 郷 土 資 料 館 
 愛川町郷土資料館には愛川町の自然や歴史についての展示があり、無料で見学することができます。

 2012年4月29日「つつじまつり」 
 『あいかわ公園つつじまつり』の様子です。『子供広場』で行われ、とても多くの人でにぎわいます。開催時間は10時〜午後3時までです。
 ステージで行われた『ゴーバスターズ』キャラクターショーではたくさんの子供、大人が見入っていました。
 地元野菜を安く売っていました。  焼きそばや焼き鳥など様々なお店が並びます。
 組ひもづくり体験コーナーがあり、ハンドルをグルグルグルグルを回すと綺麗な紐が出来上がります。(無料)
 木の板を糸のこで切り、絵を書きます。(有料)  オギノヤも出店し、あげぱん(100円)を売っていました。
 スポーツアトラクション(100円)を行っていました。  中津川からは鮎・マスの塩焼き(1匹400円、3匹1000円)が出店していました。
 たくさんの露天も出ていました。  みんなレジャーシートを敷き、楽しそうにしていました。

 過去の「つつじまつり」 (4/29) 
つつじまつり つつじまつり
 4月29日に行われた『つつじまつり』の様子です。パークセンターの裏の「子供広場」が会場です。ステージでは大道芸や子供たちによる演技などが行われていました。
模擬店
 藍染め体験やはた織り体験、様々な食べ物の模擬店が出ていました。  「ゴーオンジャーショー」は大人気でした!
 『ストラックアウト』がありました。(1回50円)  『動物ふれあいコーナー』です。近くの「服部牧場」から動物は来ていました。
野菜の直売 組ひも体験
 地元の野菜の直売もありました。  『組ひも体験』(無料)がありました。
 木の板を糸鋸で切ってもらい、ペンで絵を書きます。(100円)  サブステージでは、クラウンしほちゃんによる大道芸が行われていました。
ミニSL
 『ミニSL』がありました。(1回50円)
 (2009年にはありませんでした)
 園芸用の土のプレゼント(無料)がありました。

 オ ギ ノ パ ン 
 あいかわ公園服部牧場から車でちょっと行ったところに「あげぱん」で有名な『オギノパンの直営店』があります。この日はあいかわ公園に行く前に訪れ、パンを買って公園で食べました。
 お店の前には「あげぱん」の旗が並び、テントで「あげぱん」を揚げていました。早速、揚げたての「あげぱん」(100円)を食べましたが、とっても美味しかったです!
 お店の前にはベンチやテーブルなどがあります。  午前10時ごろですが、駐車場は混雑していました。
 工場があるので敷地は広いですが、お店自体は普通の大きさです。
 お店の前には大量の「丹沢あんぱん(130円)」が並んでいました。  お店の中にもたくさんの美味しそうなパンが並んでいました。
 お店の右側には「工場見学通路」があり、自由にパン工場をガラス越しですが見学することができます。
 当然ですがパン工場なので土日も稼動し、たくさんのパンが焼かれ、コンベアを流れていました。
訪問日:2013年10月12日(土)
訪問日:2012年04月28日(日)
訪問日:2012年04月29日(日・祝)
訪問日:2011年10月10日(月・祝)
訪問日:2009年04月29日(水・祝)
訪問日:2008年04月29日(火・祝)




Copyright (C) 2005-2015 おでかけインフォ. All Rights Reserved.