鶴見区(横浜)

「三ツ池公園」は桜の名所で、遊具も充実した広大な公園!

三ツ池公園

今回は、大きな3つの池があり、子供向けの遊具もたくさんあり、桜の名所でもある「三ツ池公園」について紹介します。

 

三ツ池公園とは?

三ツ池公園の案内図
三ツ池公園は、その名前の由来になっている大きな3つの池がある自然豊かな公園です。
日本の「さくら名所100選」にも選ばれている桜の名所で、春には78品種1600本の桜が咲き誇ります。
子供向けの遊具が充実している他にも、コリア庭園、テニスコート、プール、野球場など様々な施設が充実した大きな公園です。
その大きさは東京ドーム6.3個分もあります。

三ツ池公園を訪問レポート!

遊びの森の「ローラー滑り台」

遊びの森のローラー滑り台
公園の西側には「遊びの森」と言う、子供向けの遊具がたくさんあるエリアがあり、自然の斜面を利用したとっても長いローラーすべり台があります。

遊びの森の遊具

遊びの森(遊具)
遊びの森には小さな子供が楽しく遊べる遊具があり、子供たちで大賑わいでした。

遊びの森(アスレチック遊具)

遊びの森のアスレチック遊具
斜面を利用してアスレチックっぽい遊具もあります。

ジャンボすべり台

ジャンボすべり台
「上の池」の近くには、とっても巨大なジャンボ滑り台があります。
しかも滑り台の下は一面巨大な砂場です!こんなに広い砂場は見たことありません。
みんなダンボールなどをお尻に敷いて滑っていました。

さくらの名所100選

さくらの名所100選
「花の広場」では見事な桜が咲いていて、お花見をしている人たちがいました。
三ツ公園には78品種およそ1600本の桜があり、日本の『さくら名所100選』に選ばれています。

水遊びができる「水の広場」

水の広場
水の広場では水遊びをしている子供がたくさんいました。

上の池で「ザリガニ釣り」

ザリガニ釣り
「上の池」ではザリガニ釣りをする人がたくさんいて、大きなザリガニが取れていました。

本格的な「コリア庭園」

コリア庭園
正門近くには「コリア庭園」があります。
コリア庭園は1990年に神奈川県と韓国・京畿道(きょんきどう)との友好提携を記念して作られた庭園で李朝期(1393年~1910年)の地方貴族の山荘庭園をイメージした庭園です。
入園は無料で9:00~17:00に利用することができます。

コリア庭園内の池

庭園内の池
庭園には池があり、大きなオタマジャクシが泳ぎ、子どもたちがオタマジャクシを捕まえていました。

チャントッテ

チャントッテ
コリア庭園の奥にはチャントッテと言われる醤油・味噌・漬物などを入れる壺が展示されていました。

民族衣装

民族衣装
韓国の民族衣装で記念撮影ができます。

下の池そばの「売店」

売店
下の池の脇に売店があり、遊具、お菓子、アイス、飲み物、おにぎりなどが売られています。売店の脇にはコイがたくさん集まっていました。
営業は土日祝のみで、営業時間は10~16時です。

とても綺麗な「パークセンター」

パークセンター
正門近くには綺麗な「パークセンター」があり、公園内の動植物の展示や休憩スペースがあります。

パークセンターの中
パークセンターの中はとても綺麗で快適です!

かんがい用水として利用されていた「中の池」

中の池
中の池」は江戸時代にかんがい用水として利用されていました。
二つの池に挟まれた、園内で一番大きな池です。下の池とともに冬には多くの水鳥が北から渡ってきて、羽を休めています。

馬超龍雀像

馬超龍雀像
中国遼寧省と神奈川県の友好提携5周年を記念して寄贈されました。

「トイレ」は9か所も!

トイレ
広い公園だけあり、園内には9箇所もトイレがあり、トイレに困ることはなさそうです!

充実の「テニスコート」

テニスコート
「下の池」の近くには「テニスコート」もあります。予約して使用することができます。

多目的広場

多目的広場
多目的広場」です。この他に軟式野球場があり、テニスコート同様に予約が必要です。

まとめ

東京ドーム6.3個分の広大な敷地の中に、たくさんの遊具、大きな池、1600本もの桜の木などなど、様々な施設が充実した「三ツ池公園」は本当にお勧めの公園です。
是非、休みの日や桜の季節にはご家族を誘って訪れてみてはいかがでしょうか!?

三ツ池公園の基本情報

■ホームページ
三ツ池公園
■住所
神奈川県横浜市鶴見区三ツ池公園1-1
■電話
045-581-0287(公園管理事務所)
■駐車場
有料駐車場あり(146台)
■アクセス
新横浜駅、鶴見駅からバス

三ツ池公園へのアクセス


最寄り駅の「鶴見駅」からでも歩くと40分近くかかるため、駅から歩いてくのは難しく、バスを利用するのが便利です。
■バス(新横浜駅から)
・ 市営バス6系統、104系統の「鶴見駅西口」行きに乗車し、「三ツ池公園北門」バス停で下車し、環状2号線を横断して直進300メートル(徒歩約3分)
■バス(鶴見駅から)
・市営バス6系統、67系統、104系統の「梶山」行き、または、「新横浜」に乗車し、「三ツ池公園北門」バス停で下車し、その後徒歩約3分

三ツ池公園の駐車場

駐車場
正門と北門の2箇所に駐車場があります。
期間や曜日によって有料/無料が決まっており、桜の季節とゴールデンウィークはさらに値段が上がります。この季節の休みの日は、早い時間に満車になってしまいます。
■有料期間
・1/5~3/15、11/16~11/27の土日祝
・3/16~11/15の毎日
■駐車料金
510円(3/16~4/15、4/29~5/5は830円)
■台数
146台(北門駐車場91台、正門駐車場55台)
■時間
5:30~19:30(3/16~10/31)
5:30~17:30(11/1~3/15)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA