野毛山公園

横浜市公園, , 横浜市西区

野毛山公園は小高い丘の上にあり、中央に”野毛山動物園”、そして南西に芝生広場や遊具のある”ロケット広場”、さらには近代水道の父”パーマー”の碑や”佐久間象山”の碑などもある横浜の歴史を感じることができる公園です。

野毛山公園の案内図

公園の案内図
野毛山公園は長い形をしていて、中央に無料で利用できる”野毛山動物園”、たくさんの桜の木がある”ロケット広場”など一日楽しむことができる横浜を代表する公園です。野毛山公園は1926年に開園した歴史ある公園で、途中1947年までは米軍に接収されていましたが、その後、動物施設と児童園地が造園されて”野毛山遊園地”として開園しました。

芝生広場

芝生広場
公園の南西にある”芝生広場”は広々とした広場で、レジャーシートを敷いて、ゆっくする家族連れがたくさんいました。

園内の桜の木

園内の桜の木
園内の桜の木
野毛山公園には野毛山動物園と合わせて約300本もの桜があり、訪れた際にはたくさんのお花見を楽しむ人々がいました。

ロケット広場の遊具

ロケット広場の遊具
ロケット広場の遊具
ロケット広場の遊具
ロケット広場の遊具
公園の南西側にある”ロケット広場”には子供達が大喜びする様々な遊具があり、たくさんの子ども達でにぎわっていました。