掃部山(かもんやま)公園

横浜市ローラー滑り台, 公園, , 横浜市西区

掃部山公園は桜木町駅の近くにある桜の名所として有名な公園です。公園内には遊具や池の他に、横浜開港に貢献した井伊直弼の大きな銅像が飾られています。

公園の桜とランドマークタワー

公園の桜とランドマークタワー
“掃部山”と書いて”かもんやま”と読みます。この場所は明治初期には新橋横浜間の鉄道敷設技師の官舎などがあり”鉄道山”と呼ばれていました。その後、明治17年に横浜開港とゆかりが深い井伊直弼の記念碑建立のために旧彦根藩士によってこの土地が買い取られました。井伊直弼が名乗っていた”井伊掃部頭直弼(いい かもんのかみ なおすけ)”にちなんで”掃部山(かもんやま)”と呼ぶようになったそうです。

井伊直弼の像

井伊直弼の像
井伊直弼の説明
掃部山公園は桜木町駅の北西にあり、丘の上にあります。その頂上に”井伊直弼の像”があります。この像は台座部分も含めると11メートルもある大きなものです。

桜の名所

桜の名所
掃部山公園は桜の名所としても有名で、200本もの桜の木があります。写真では手前の池一面に桜の花びらが覆いつくしています。

桜の木

桜の木
園内のあちこちに桜の木があり、桜の奥にはみなとみらいのビルを望むことができます。

自由広場

自由広場
井伊直弼の像の前にある『自由広場』には桜の木が並び、ランドマークタワーを見ることができます。