三笠公園

三浦半島・鎌倉公園, 横須賀市, 駐車場

三笠公園は”水と光と音”をテーマにした公園で、世界三大記念艦の”戦艦三笠”が係留されていたり、公園周囲の半分が海に面していたりと海とのつながりが強い公園です。子供向けの遊具があったり、音楽に合わせて噴き出る噴水もあり、親子で楽しめる公園です。

横須賀中央駅からは”三笠公園通り”を通って歩いて15分ほどで到着します

三笠公園通り
電車を利用して行く場合は京急の”横須賀中央駅”から歩くことになります。横須賀中央駅から三笠公園までは歩いて15分ほどで到着します。途中、約200メートルもある三笠公園まで伸びる歩行者専用道路の三笠公園通りを通って行きますが、船のモニュメントがあったり、楽しい通りです。

公園は”コ”の字型になっていて、半分が海に面しています

三笠公園の案内図公園は”コ”の字型をしていて、公園の周囲半分が海に面しています。記念艦”三笠”や遊具がある中央広場、音楽噴水池、モニュメント広場などがあります。

公園の入り口を入ると”戦艦三笠”がお出迎え

入り口広場
公園の入り口を入ると巨大な記念艦の”戦艦三笠”がどーんとお出迎えをしてくれます。全長は132メートルもあり、乗員数はなんと860名です!

噴水池の中心には”東郷平八郎の銅像”

東郷平八郎の銅像
入り口広場の円形噴水池の中心には戦艦三笠を指揮した”東郷平八郎の銅像”があります。

中央広場には子供向けの遊具があります

中央広場
アスレチック遊具
“中央広場”には子供用の遊具があり、子供達が楽しそうに遊んでいました。

中央広場の遊具
小さな幼児向けの小型遊具もあります。

巨大な”戦艦三笠”を間近に見ることができます

戦艦三笠
公園の脇には”戦艦三笠”が係留されており、間近で見ることができます。また、有料になりますが、中に入って見学することもできます。