港北区(横浜)

綱島駅から歩いて行ける「綱島公園こどもログハウス(モッキー)」

綱島公園こどもログハウス

綱島公園こどもログハウス」は綱島駅から歩いて10分弱の所にある綱島公園の中にあるログハウスです。無料で利用でき、子供たちが大喜びする遊具がたくさんあります。屋内の施設ですので、雨の日でも楽しむことができます。
綱島公園こどもログハウス」へのアクセス、遊具や施設などを詳しく紹介します。

 

綱島公園こどもログハウスとは?

綱島公園こどもログハウス

こどもログハウスは、走り回れるスペースやボール遊び、地下迷路やぐるぐる滑り台などのアスレチック遊具、図書コーナーなどなど、子供たちが大好きな遊具が充実した屋内施設です。
小中学生や幼児を対象にした施設で、スタッフがいつもいるので、安心して子供を遊ばせることができます。
しかも、こんなに充実した施設にも関わらず無料で利用することができます。
屋内施設なので、雨の日や暑い日でも、思いっきり体を動かして自由に遊ぶことができます。
ログハウスは「綱島公園」中にあり、綱島公園は東横線の綱島駅から徒歩8分程度で到着します。

綱島公園こどもログハウスへのアクセス


東横線の綱島駅から歩くと10分程度で到着します。
■徒歩(綱島駅から)
・東急東横線「綱島駅」から徒歩約10分
■駐車場
綱島公園、ログハウスに駐車場はありません。

綱島公園こどもログハウスのいろいろな施設や遊具

5つのおやくそく と モッキーの規則

モッキーの規則ログハウスの中で飲食はできません。また、
利用できる人は小学生、中学生で幼児は付き添いが必要です。

入り口には無料の「ロッカー」

ロッカー
入り口を入ると無料のロッカーがありました。
下駄箱には子供たちのたくさんの靴でいっぱいでした。

遊具がいっぱい「1階部分」

1階部分
ログハウスと言う名前の通り、建物全体が木でできています。受付で名前を書きます。

「たくさんの遊具」の子供は大喜び!

たくさんの遊具
ログハウスの中には様々な遊具がたくさんあります。
家にはないような大きな遊具もたくさんあり、子供たちは楽しそうに遊んでいました。

たくさんの子供で大盛況

たくさんの子供
この日は日曜日の午後ということもあり、たくさんの子供や付き添いのお父さん、お母さんがたくさん来ていました。

大人気の「ターザンロープ」

ターザンロープ
ここのログハウスにはターザンロープがあります。
ターザンロープはログハウスの1階からそのまま行くことができるので裸足で遊びます。

「図書コーナー」も充実!

図書コーナー
1階には図書コーナーもあり、ホットカーペットの上で絵本を読むことができます。

ちょっと怖い「木のはしご」

木のはしご
木のハシゴを登って、2階部分に登ることができます。
登っていくと大人でもちょっと怖くなる高さです。

「2階部分」はアスレチック

2階部分
2階部分はアスレチックのような遊び場になってます。
至る所にネットが張ってあって安全です。

秘密の入り口?「地下迷路の入口」

地下迷路の入口
1階の床に「地下迷路」の入り口があり、床下部分に行くことができます。

ワクワク「地下迷路」

地下迷路
床下部分は迷路になっています。床の下の迷路って、子供にとってはワクワクする施設ですね。
ちなみに、大人にはちょっと狭いです。

その他の施設など

緑豊かな「綱島公園」

綱島公園の案内図
ログハウスの他に小さな「プール」や「テニスコード」などがあります。

綱島公園の「多目的広場」

綱島公園の多目的広場
ログハウスの前には広い「多目的広場」が広がります。
住宅地の中でこれだけの広い遊べるスペーは貴重ですね!

綱島公園の「子供の遊び場」

綱島公園の子供の遊び場
多目的広場の隣には「子供の遊び場」があり、すべり台や砂場などの遊具があります。

テニスコート

テニスコート綱島公園にはテニスコートやプールもあります。
プールは屋外プールなので利用できるのは夏場だけです。

綱島公園こどもログハウスの基本情報

■ホームページ
綱島公園こどもログハウス
■住所
横浜市港北区綱島台1
■電話
045-547-4556
■時間
4月~9月は9時~17時30分、10月~3月は9時~16時30分
■休み
毎月の第3月曜日(祝日の場合は翌日)、12月29日~1月3日
■駐車場
なし
■アクセス
「綱島駅」から徒歩約10分

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA