名古屋港水族館

名古屋, 雨でも遊べる, 駅から近い名古屋, 水族館

名古屋港水族館は名古屋港ガーデンふ頭にある公立の水族館で、関内にはイルカやベルーガ、ペンギンなど540種類もの生き物を見ることができます。また延べ床面積は日本一の大きな水族館で、イルカなどのショーを行うメインプールは約3000人も収容できる日本最大の施設です。

周辺地図

周辺地図地下鉄の「名古屋港」駅から水族館までは歩いて5分ほどの距離です。水族館の周りには観覧車などがある遊園地のシートレインランドや海洋博物館、南極観測船「ふじ」などもあり、丸一日思いっきり楽しむことができるエリアになっています。

水族館の館内図

フロアマップ水族館は大きく「北館」と「南館」に分かれていて、それぞれ3階まであります。北館にはショーが行われるメインプールやイルカ、ベルーガの水槽があります。南館にはペンギン水槽や黒潮大水槽など様々な水槽があります。特に順路はなく好きな順路で観覧できますが、その分、どこにいるのかが分かりにくく、よ~く地図を確認しながら見て回ることをお勧めします。

名古屋港水族館

名古屋港水族館名古屋港水族館を正面から見たところです。さすが日本一の延べ床面積を誇る水族館だけあってとっても大きいです!

チケット売り場

チケット売り場入館料金は大人・高校生 2000円、小中学生 1000円、幼児(4歳以上) 500円です。公立であってもやっぱり水族館の入館料はちょっと高めです。なお、水族館の他に、南極観測船ふじ、展望台、海洋博物館の4施設の入館がセットになったチケットもあり、大人・高校生 2400円、小中学生 1200円、幼児(4歳以上) 500円とお得です。なお、4施設のセット券は13:00までの販売となっています。

スケジュール

イベントスケジュール水族館の入り口に”本日のスケジュール”の案内があります。人気のイルカやシャチのショーは間隔が3時間空いたりしますので、事前に観覧するスケジュールを考えてから訪れることをお勧めします。スケジュールは名古屋港水族館のホームページでも確認することができます。

イルカの水槽(北館)

イルカ水族館の入り口を入ると、まず右手に”イルカの水槽”があります。イルカたちは活発に泳ぎ回り、ダイナミックで優雅な泳ぎを間近で見ることができます。

ベルーガの水槽(北館)

ベルーガイルカの水槽の反対側には”ベルーガ”の水槽があります。イルカほど活発には泳ぎませんが、真っ白で大きな体で優雅に泳ぎます。

観賞用のクッションベルーガの水槽の脇には座ってみるためのマットが置いてありました。これを敷いて座れば、お尻が痛くならずにゆっくりと鑑賞することができますね!