リニア鉄道館

名古屋, 雨でも遊べる, 駅から近い名古屋, 鉄道

リニア鉄道館は2011年に名古屋の金城ふ頭にオープンしたJR東海の鉄道博物館です。最新のリニアモーターカーをはじめ、歴代の新幹線や昔懐かしい蒸気機関車など約40両もの実際の車両が間近で見ることができる形で展示されています。また、鉄道シミュレータや鉄道ジオラマなど様々なの展示があり、小さな子供から大人まで楽しめるおススメの博物館です。

リニア鉄道館までのアクセス

リニア鉄道館“リニア鉄道館”へは名古屋駅からあおなみ線に乗って金城ふ頭駅で降りて徒歩2分ほどです。金城ふ頭駅へは名古屋駅から24分(おとな350円)かかります。金城ふ頭駅からリニア鉄道館までは高架下や屋根があり、大雨でない限り傘をささずにリニア鉄道館まで行くことができ、途中にはコンビニエンスストアもあります。

エントランスホール

リニア鉄道館のエントランスリニア鉄道館の入り口を入るとこのエントランスホールで入館券を購入します。リニア鉄道館は2011年に開館したばかりでとっても未来的な建物で綺麗です。

リニア鉄道館の入館券

リニア鉄道館の入館券入館料金は大人1000円、小中高校生500円、幼児200円です。小学生の500円と幼児の200円がちょっと高いような気もしますが、それ相応以上の展示内容なので、この金額を払っても見学する価値があります。ただ、高い入館料を払った割に入館券はちょっと寂しい感じです。切符の形するなどちょっと遊び心が欲しかったところです。ちなみに、入館する際には入館券のQRコードを読み取らせて入館します。入館料の割引について調べてみましたが、ほとんど行われていないようでした。

シミュレータの抽選券

抽選券入館するとシミュレータの抽選券を頂けます。シミュレータは新幹線の運転と在来線の車掌の2種類あります。抽選は時間帯によって写真の①~⑥に分かれています。

抽選券の受付

抽選受付この受付に抽選券を入れます。抽選券を入れる場所は①~⑥の時間によって分かれています。ほとんどの人が写真の①の時間帯に抽選券を入れていたので、午後の時間帯の方が当たりやすそうです。

抽選結果

抽選の結果時間になるとイベント広場のモニタに抽選結果が表示されます。当選者は各時間ごとに運転手と車掌で各6名のとっても狭き門です。