小柴のどんぶりや

こんなの食べた丼もの, 横浜市金沢区, 駐車場

小柴のどんぶりやはシーパラダイスや海の公園の近くの小柴漁港にある食堂です。江戸前のアナゴが有名なお店で、天丼や煮あなご丼を頂くことができます。営業は金土日のお昼のみで、売り切れたら営業終了です。

柴漁港の交差点

柴漁港の交差点“海の公園”の柴口から歩いて5分ほどの所にある”柴漁港”の交差点が入り口です。車もここから入ります。

駐車場

漁港交差点の入り口を入り、右側が一般の人の駐車場になっています。駐車スペースは十分にあり、満車になることは無さそうです。

看板

看板交差点の入り口を入って左側に看板があります。臨時休業もあるので、この看板を確認して行くのが良いです。

“どんぶりや”の案内図もなく、ちょっと不安になりながら看板の先に進みます。

小柴のどんぶりや

小柴のどんぶりや看板から100メートルほど進むと”どんぶりや”がありました。開店11時の5分前に到着しましたが、すでに多く客がいました。みなさん、名前を書いて、開店時間まで席で待っています。

メニュー

メニュー一押しは”小柴丼”で穴子(切り身)、クマエビ、イカ、野菜三種が乗って1200円です。そして、穴子丼一本盛も1200円。季節の魚、イカ、野菜、味噌汁が付いた金曜限定お好み丼は550円ととても安いです。天丼は油っこすぎる人には天そば天うどんもあります。”煮穴子丼”も有名ですが、この日は煮穴子丼用のアナゴがそろわず、ありませんでした。(残念)

メニューお味噌汁が100円で、ご飯や麺の大盛もできます。

注文の行列

行列開店時間になり、順に名前を呼ばれ、並びます。11時の時点で既に20人ほどが並んでいました。

調理の様子

調理
注文の列で待っている間、調理の様子が見えます。手前に大きな穴子が!

番号札とスタンプカード

番号札とスタンプカード注文をすると番号札を渡されます。スタンプカードがあり、1000円ごとにスタンプ1個が押され、20個溜まると500円の割引券として利用できます。

天丼のたれ

天丼のたれ各テーブルには天丼のタレが置かれています。