HOME科学館・博物館小田原・箱根エリア ⇒ 箱根 ガラスの森美術館
箱根 ガラスの森美術館
住所  足柄下郡箱根町仙石原940−48
電話  0460−86−3111 (箱根 ガラスの森美術館)
時間  9:00〜17:30 (入館は17:00まで)
休み  無休
料金  大人1300円、高・大学生1100円、小・中学生800円
駐車場  駐車場あり 近隣は有料1日300円(150台)
         徒歩5分の第二駐車場は無料
アクセス  小田原からバスで40分、箱根湯元からバスで25分
HP  箱根ガラスの森美術館のHP
天気  YAHOO! Weather (箱根町)
MAP  Google MapYAHOO地図情報MapFan Web

大きな地図で見る
 箱根ガラスの森の『入口』です。キラキラ光るクリスタルのツリーがとても綺麗です。地下1階には無料のコインロッカーがあります。
 『玄関入口』です。制服を着た係りの人が出迎えてくれました。  『チケット売場』です。制服を着た男性の係りの人が対応をしてくれます。(チケット代はちょっと高いですが雰囲気がでますね)
 『箱根ガラスの森美術館の案内図』です。ヴェネチアングラスの美術館として1996年にオープンし、クリスタルガラスが飾られた庭園やヴェネチアングラスの美術館、現代ガラス美術館、カフェテラッツアなどがあるとても綺麗な美術館です。
箱根 ガラスの森美術館
 チケット売場を抜けると池を中心に綺麗な庭園やヴェネチアングラス美術館が広がります。奥には大涌谷の山々が広がりとても綺麗な景色を楽しむことが出来ます。
光の回廊『コッリドイヨ』
 「光の回廊『コッリドイヨ』」です。16万粒のクリスタルガラスで出来た高さ9メートル、幅10メートルの光の回廊です。晴れた日に風が吹くとクリスタルガラスがキラキラと光り、本当に綺麗です。
 中庭の庭園です。とても良く手入れがされていて、光るクリスタルガラスの木があったり鴨が池を泳いでいたり優雅な時間が流れます。
 『カフェテラッツア』では、オープンテラスでパスタやフルーツティーなどを頂くことができます。1日6回(1回15分)イタリア人歌手によるカンツォーネを楽しむことも出来ます。
 『アチェロ』はフルーツジャムやカナダさんのメープルのお店です。水車小屋になっていて、建物、店内ともとても雰囲気のあるお店です。
 ヴェネチアングラス美術館の奥には『大王松(だいおうしょう)』と言う松の木があり、落葉の三本松を身に付けると幸福になれると言われ、お守りを自分で作って持ち帰ることが出来ます。また、この場所はパワースポットしても人気があるそうです。 
 『サンドブラスト体験』があり、グラスに模様や名前を付けることが出来ます。料金は1200円からで、製作時間は30〜40分です。
 テラスではホットショコラドリンク(400円)を売っていました。  『誓いの鐘』です。ヴェネチアで創られた特別な鐘だそうです。
 『ヴェネチアングラス美術館』です。15世紀から18世紀にかけてヨーロッパ貴族を熱狂させたベネチアングラスの数々が展示されていて、常時100点以上を展示されているそうです。
 『ミュージアムショップ』では、ヴェネチアをはじめ世界各国のガラス製品やアクセサリーなどが10万点売られています。
 『ヴェネチア仮面祭』(常設ではないそうです)が行われていて、無料でマントや仮面を借りることが出来ます。貸し出し時間は45分間で、子供用のマントや仮面もあります。お勧めです!
 美術館の隣にある『駐車場』です。案内には300円とありましたが、みんな無料で停めていました。  入口近くにちょっと変わった水飲み場がありました。(飲料水ではなく飾りです)
訪問日:2013年01月27日(日)
訪問日:2011年03月27日(日)




Copyright (C) 2005-2015 おでかけインフォ. All Rights Reserved.