HOME科学館・博物館小田原・箱根エリア ⇒ アサヒビール神奈川工場
アサヒビール神奈川工場
試飲 アサヒビール神奈川工場 ギフトショップ
住所  南足柄市怒田1223
電話  0465−72−6270 (予約受付時間8:30〜17:00)
時間  9:30〜15:00 30分おきに1日12回実施
休み  年末年始、指定休日
料金  無料
駐車場  無料駐車場あり(400台) 500円
アクセス  大雄山線 大雄山駅からバスで約10分 (210円)
 小田急線 新松田駅からバスで約20分 (350円)
 東名高速 大井松田ICから車で約15分
HP  アサヒビール神奈川工場のHP
天気  YAHOO! Weather (南足柄市)
MAP  Google MapYAHOO地図情報MapFan Web
アサヒビールの神奈川工場
 『アサヒビールの神奈川工場』です。工場見学は無料で、見学後にビールやソフトドリンクの試飲があります。
 右側の建物が「ゲストハウス」で、工場見学の受付があります。左側の大きなものは麦芽サイロです。
 『神奈川工場の案内図』です。神奈川工場は、地球・地域・人との調和を考えた21世紀の「環境創造工場」だそうです。1300本の桜があったり、初夏にはホタルを鑑賞することができるそうです。
 運転手はプレートを首から掛けます。また、見学をすると物産館の割引券をくれました。(1000円以上の買い物で5%割引)  見学の受付と「エコ・ウィンドウ」コーナーです。
 日曜日の14時半のコースーに予約をして行きましたが、人数には余裕があり、予約がなくても問題はなさそうでした。
見学工程は撮影禁止のため写真はありません。
最初に試写室でアサヒビールの取り組みについてなどの映像を見ます。
その後、仕込室、原料展示、ろ過室、発酵・熟成タンク、分別ステーション、缶詰工程、びん詰工程、エコ・フォレストコーナーの順に見学します。
見学時間は試飲まで約60分です。
土日は製造ラインが休止していることが多く、モニタでの説明になります。
 最後にゲストホールで試飲ができます。ビールはスーパードライ、黒生から選ぶことができます。   ソフトドリンクは緑茶(若武者)、オレンジジュース(バヤリースオレンジ)、三ツ矢サイダー、コーヒー(WONDA)、十六茶から選べます。緑茶、WONDAはホットもありました。
 約20分の試飲時間の中で何杯でもビール、ソフトドリンクを頂くことができます。ただし、缶やペットボトルなどの飲み物を持ち帰ることはできません。
 ナッツやスモークチーズのおつまみもあります。  子供には「カラーマーカー12色」のプレゼントがあります。
 ギフトショップがあり、黒生ビールゼリーチョコレートなどビール工場ならではの商品を買うことができます。
 物産館「あしがらの里」があり、南足柄市の特産品を売っていました。  無料の駐車場です。
 大雄山線の大雄山駅、小田急線の新松田駅から路線バスが出ていますが、本数は1時間に1本程度です。  タクシーでの目安料金です。やっぱり高いですね・・
訪問日:2009年02月15日(日)




Copyright (C) 2005-2015 おでかけインフォ. All Rights Reserved.